カテゴリ:モロッコ料理の話( 7 )
パスティラ
今回は濃いモロッコ料理の話しを。


その名も、「パスティラ」。

モロッコの伝統的なお祝い料理で、鶏肉と香ばしい荒砕きアーモンドにサフランやカルダモン等のスパイスを加えて煮解いたフィリングを薄いパイ生地で円盤状に包み、ゆっくりと焼き上げます。

本来は鶏肉ではなく鳩肉で作るのですが、やはりそれなりの癖があるので食べやすい鶏肉でのアレンジです。


格子状の模様に見えるのは、仕上げに振りかけるたっぷりのシナモン&シュガー。

結構な量を振りかけるのではじめは驚きますが、食べてみるとこの料理には欠かせないものである事がお解りいただけると思います。

通常はお祝いの席で、みんなで食べる為に大きく作りますが、ここでは食べ切りサイズで作ってます。

お値段は、1.200円 (2~3人分)です。


準備に時間が掛りますので、前日までの予約を受けてからのご注文となります。


この料理の全てがモロッコらしさの塊のよう。
まるでその場に吸い込まれるような料理です。



バースデイケーキもよろしいですが、モロッカンなお祝いもいかかでしょう??
なかなか味わえないのではないかと思います。

a0168939_18152275.jpg


こういう象徴的な料理は是非体験して欲しいと願っております。

食べやすくも、まだ知らないモロッコの喧騒と匂いを感じる。
そんなモロッコ料理を提供していきたいものです・・・。
[PR]
by zelliges | 2013-04-04 18:17 | モロッコ料理の話
レモンの塩漬け
遠い遠い異国の料理には見慣れない、聞き慣れない面白い食材があります。

その1つが「レモンのコンフィ」。

この場合のコンフィは塩漬けの意味を差します。


直接食べるものではありませんが、タジンやパスティラ、あっさりめのクスクスなどと用途はたくさん。
モロッコではなくてはならない調味料です。


作り始めてから調味料としての完成までは約1カ月ほど掛りますが、やっぱり手づくりのレモンコンフィは格別です。


塩漬けするレモンもノンワックスで白い皮の部分の薄い上質のものでないと良いレモンコンフィは出来ません。

だから今回もご近所の野菜屋さんのアルファーさんから購入したとびきりのレモンを使います。



何かと手間暇かけてます。

今はタジンとパスティラ(モロッコのパイ料理)などに使ってます。
おそらくおいしいレモンは次の秋までお預けなので、今回のコンフィを使いきったら終了です。

一応たくさん用意してますが、無くなる前に是非一度ご賞味ください。


a0168939_15205456.jpg

色も酸味も濃い、とっても美味しいレモン。
近所にいい八百屋さんがあって本当に幸運です。
[PR]
by zelliges | 2013-03-08 15:16 | モロッコ料理の話
モロッコ焼き菓子の話 ②
かなり間隔が空いてしまいましたが・・・。

シェフシャウエンの焼き菓子の話、その②です。

「Gateaux aux dattes」

a0168939_2052164.jpg


読みは、「デーツの焼き菓子」です。

デーツとは北アフリカ・中東が原産で、独特の香りと甘さを持った非常に栄養価の高い果実です。
その種類も400種を超えるほどあり、過酷な砂漠環境でも育つ生命力を感じることのできる濃厚な甘みが特徴です。

乾燥させたドライデーツをゆっくりと蒸しあげた後に、オレンジフラワーウォーターで練ったペーストを作ります。

そのペーストをバニラの香りがふんわりと漂うアルガンオイルを含んだ生地に包み、焼き上げます。


見た目は素朴ですが、モロッコの要素をふんだんに盛り込んだ実にモロッコらしい焼き菓子です。



残りあと1回?。

おたのしみに・・・。
[PR]
by zelliges | 2013-03-01 16:29 | モロッコ料理の話
モロッカンミントティーキット
先日の手づくりチャイセットのときに出てきた、

「モロッカンミントティーキット」の販売を開始します。


今思えば、チャイはあったのに?という感じです。


内容は、

・ミントティーの茶葉/ガンパウダー
・ドライミント
・ミントティーのレシピ



ガンパウダーとは、モロッカンミントティー専用の緑茶で別名、平水珠茶とも言います。
フランス統治時代から解放され、イギリス駐軍が中国からもたらしたのが始まりのようです。


Zelligesで使っている茶葉もモロッコから直輸入。といいたいところですが、それよりもさらに品質の高いものを探し当てて使っています。


今年のガンパウダーは、やや発酵時間の長いもので、紅茶のフレーバーに近い、香りの高さが特徴です。


ぜひ、専用のポットで淹れてお楽しみください。
ポットも品質の高いものを厳選して揃えております。(当然、販売中)

a0168939_14323821.jpg

約3人分で、450円です。
テイクアウトのモロッコ焼き菓子とセットでご購入の際はちょっと割引もあります。
[PR]
by zelliges | 2013-02-26 23:16 | モロッコ料理の話
クスクス・ランチ
実は12月からクスクスランチを始めています。
(現在、クスクスのランチ提供は終了しております)

内容はメインのクスクスとモロッコ風のサラダやスープなどをお選びいただけます。


クスクスのレパートリーは今のところ5~6種類ほどの中から1種類を日替わりでご提供させていただきます。

クスクスも立派な煮込み料理なので、寒くなってきたこの時期にはまさに打ってつけ。
1皿でとれる野菜の量もなかなかですが、お肉と野菜の栄養を余すところなく含んだスープは忙しいシーズンに取り損ねてしまいがちなバランスを解消できるのではないかと思います。


a0168939_20562652.jpg


写真は、ブイヨン×サフランベースの牛テールと野菜のクスクスです。
穏やかに効いてるスパイス風味のスープは、エキゾチックな「おでん」と例えると解りやすいかも。
当然、お肉も野菜も崩れそうなほどホロホロです。

この熱々のスープに「ハリサ」というスパイシーな唐辛子ペーストを溶かしながらいただきます。

これで体が温まらない訳がありません

きっちり体を冷やしてお越し下さい。


クスクス・ランチは数量限定で、1.050yenです。
お早めに!


(現在、クスクスのランチ提供は終了しております)

クスクスをはじめとするモロッコ料理はディナータイムのみの提供となります。
ご了承をお願いいたします。2015年10月現在

[PR]
by zelliges | 2012-12-09 21:04 | モロッコ料理の話
焼き菓子の話 ①
先日の焼き菓子のご紹介のつづき。


3種類の1つ目は、「Corne de Gazelle」・コヌレ・ド・ガゼル。
日本語で「ガゼルの角」という面白い名前です。

a0168939_22245623.jpg


三日月状にカーブした形状が、ガゼルというアフリカを中心に生息する動物の角に似ているのがその名の由来のようです。


サクッとした食感の生地で、しっとりとしたアーモンドとオレンジフラワー香りが効いた生地を包みます。
その違った食感の生地のバランスと、モロッコらしいオレンジフラワーの香りとアーモンドが上品でエキゾチックな美味しさを生みだします。


そして、モロッコで焼き菓子と言えば、このガゼルの角が真っ先に挙がるくらいモロッコ国民に愛されているお菓子です。




今回の紹介している焼き菓子は3種類とも大好きですが、個人的にはこの焼き菓子が一番好きです。



力入ってますが、まだあと2回あります。

それではまた次回。
[PR]
by zelliges | 2012-11-09 22:25 | モロッコ料理の話
タジンはじめました
タジンをはじめます。

ホントは結構前から準備はしてたんですが、鍋が2個しかなかったり、ホブス(モロッコでいうところのパン)が煮詰まってなかったので今まで表には出していませんでした。

その問題が最近やっと解消したのでタジンはじめます。


元々カレーやクスクスなどのメインディッシュの品数が多いので、1日のメニューに並ぶタジンのバリエーションは控えめですが、まずはモロッコではどこにでもある定番のタジンを中心に。


まずは、

a0168939_1717726.jpg


レモンチキンとじゃがいものタジン。

大きな鶏モモ肉を塩漬けレモンにマリネしたあと、じゃが芋やオリーブ等と一緒にゆっくり煮込みます。爽やかなレモンの酸味と穏やかなスパイス使いが実にモロッコらしい料理です。

大きなホブス(モロッコのパン)も付きます。


名前ほど癖のある料理ではないので是非一度お試しください。
暑い季節にはぴったりです。
[PR]
by zelliges | 2012-06-27 17:25 | モロッコ料理の話